Japan
Taiji Nishitani
PrevNext
Bollé Athletes : Taiji Nishitani, Road Riking
Bollé Athletes : Taiji Nishitani, Road Riking
Bollé Athletes : Taiji Nishitani, Road Riking

西谷 泰治
にしたに たいじ

自転車ロードレース

History
2014年
現役引退後、愛三工業レーシングチームにてコーチとして活躍中
2012年
アジア選手権ロードレース 3位
2011年
ジャパンカップ 2位
ツール・ド・沖縄 総合2位
2010年
ツール・ド・ランカウイ(UCI2-HC) 第4ステージ 優勝
2009年<
全日本選手権ロード 優勝
ロード世界選手権 日本代表
ツール・ド・台湾(UCI2-2) 個人総合5位
2008年
ツアー・オブ・イーストジャワ(UCI2-2)ステージ 1位
ツアー・オブ・ジャパン(UCI2-2) 第1ステージ2位 / 第6ステージ3位 / 総合スプリント賞1位
ツール・ド・台湾(UCI2-2) 個人総合5位
ツール・ド・北海道(UCI2-2) 第6ステージ1位
2007年
ツアー・オブ・サウスチャイナシー(UCI2-2) ステージ 1位
2006年
ツール・ド・北海道(UCI2-2) 個人総合優勝

Comment
Q:ギアを選ぶ際のポイント。その中でBolléを選んだ理由を教えてください。
A:使用ギアを選ぶポイントは、長時間の使用でも疲れないこと。気象条件に左右されず確実に視界を確保できること。風の巻き込みが少ないこと。以上の3点です。この条件を満たせるギアこそがBolléであり、私が愛用し続ける理由です。ロードレースにおいては常に過酷な環境におかれ、危険と隣り合わせであると言えます。その中で、判断の要である目を守り、快適で安全な視界を確保してくれるアイウェアのベストチョイスがBolléだったのです。

Q:Bolléを使用しての感想を教えてください。
A:Bolléのアイウェアの良い点は、なんと言っても長時間使用した時のストレスが少ないところです。これは、過去に使ってきたどのアイウェアよりも優れている点であると言えます。適正なテンション、ベストなフィット感により、走行中の衝撃などでズレてくることもなくレースに集中して走ることができます。

選手着用モデル

※選手が実際に使用しているサングラス・ゴーグルのレンズは、状況に合わせて交換している場合がございます。写真とは異なる場合がございます。